東峰村ホームページ
ホームページについて著作権について個人情報取扱いサイトマップ

柳原白蓮   
柳原白蓮
明治18年(1885)、伯爵家に生を受けました。佐佐木信綱の門下に入り、和歌の才能を伸ばします。明治44年(1911)、伊藤伝右衛門のもとに嫁ぎました。結婚後、次々に和歌を発表し、その美しさと才能で「筑紫の女王」と謳われました。「赤銅御殿」と呼ばれた福岡や別府の別邸には、白蓮を訪ねる文化人たちと、交友を深めていました。そうした中で、伝右衛門の資金援助を受けて、大正4年(1915)に第1歌集「踏絵」、大正8年(1919)には詩集「几張のかげ」・歌集「幻の華」・戯曲「指髪外道」を刊行しています。

ページの先頭へ戻る
Copyright ©2006 Toho Village All Right Reserved