東峰村ホームページ
ホームページについて著作権について個人情報取扱いサイトマップ

伊藤伝右衛門   
伊藤伝右衛門
万延元年(1860)、現在の飯塚市に生まれた伊藤伝右衛門は、苦労の末、石炭事業を展開し、筑豊地域で貝島・麻生・安川らの御三家に並ぶ事業家として成功を収めました。事業で得た巨万の富を、嘉穂郡立技芸女学校の創設、伊藤育英会の創設など、教育・文化事業に注ぎ、地域社会に還元しました。また、嘉穂銀行や十七銀行の取締役として、そして幸袋工作所の創業者として地元の産業・経済の発展に尽力し、衆議院議員に当選してからは、遠賀川の改修工事を実現させました。
宝珠山炭坑では、日本一と言われた炭鉱住宅を整備し、清流を汚濁しないようにと浄化装置を設定しました。
また、伝右衛門が経営していた間、1名の死亡事故も無い稀に見る優良炭坑でした。人間味あふれ、地元の人々から慕われた伝右衛門は昭和22年(1947)、84歳の生涯を閉じました。

ページの先頭へ戻る
Copyright ©2006 Toho Village All Right Reserved